eラーニング説明

eラーニングとは

PADIコースの知識開発(学科講習)はマニュアルとDVDを使って
インストラクターと対面で学習するのが従来のやり方です
それを、パソコンまたはモバイル端末を用いて行う事で事前に完結する方法が誕生しました
さらに2020年からはeラーニングが改良され、
パソコンとモバイル端末どちらでも(アプリとの併用も可能)学習を行えるようになり、とても便利になりました。

eラーニングの利点

  • 事前に学習を完結できるので海洋実習などに時間を割く事ができます
    (最短日数が4日間→3日間や2日間への短縮も可能)
  • 連続してお休みが取りにくい場合でも学科講習は空き時間を利用して行えます
  • 紙媒体と違って場所を取らなくてすみます
eラーニングでの学習について
所要時間
  • 推奨は約8~15時間となります
ご利用環境
  • 初めて利用する場合はPCでのご登録をおススメします
    (モバイル端末でも可能ですが端が切れる場合がございます)
  • メールアドレスが必要になります
  • モバイル端末を用いる場合はコンテンツのダウンロードに
    約1.8GB必要となりますのでWi-Fi環境をおススメします

▶ eラーニングご利用の前に

PADI eラーニングの
お申込みから登録手順について

eラーニングにお申込みいただきまして大変ありがとうございます
手順や使い方についてご説明いたします

eラーニングで行う手順について

  1. 『コースのお申込み』をします
    (学習方法もご選択します)
  2. 料金を支払います
    [銀行振り込み・クレジットカード(VISA・MASTERのみ)からご選択]
  3. eラーニングのコードをメールにてご送付します
  4. 必ず当日までに全項目を修了させてください
  5. ご来店いただき確認テストのみ行います
    (限定水域終了後)

▶コースのお申込み


▶ eラーニングご登録と使い方

タブレットなど携帯端末での利用方法について

携帯端末でインターネットブラウザを利用しeラーニングを実施する場合は、パソコンで利用する方法と同じです。

アプリを使ってオフラインで実施する方法

▶ 携帯端末利用方法(android版)

▶ 携帯端末利用方法(apple版)

コース修了後、実習を行う事ができますので、頑張って下さいね!!

▶ プールで行うスキルの概要

▶ 海で行なうスキルの達成条件

伊豆アクアマリンのおすすめポイント

  • 使い方のサポートがPADIから受けることができる
  • eラーニングを使う事で日程を短縮できる

eラーニング受講に際しての注意事項

eラーニングでは知識の復習・クイズを行ったあとに、2つのテストを行います
このテストで75%以上取れない場合は不合格となります。
また、途中でブラウザを閉じたり、長時間放置する、回線が切断される、
戻るボタンを押すなどするとエグザムが不合格となりますのでご注意ください

<テスト>
  1. Open Water Diver ファイナル・エグザム
  2. メートル版 – RDP テーブルと eRDPML エグザム

テストは2回チャンスがございますが、2回とも合格点が取れなかった場合は
インストラクターとの対面の元、ペーパーテストを行う必要がございます。

その際は一つのテスト(一回)に付き¥3,000(税別)が必要となりますのでご注意ください。

ペーパーテスト料金(税別)

エグザム一回/1種類の受講につき
¥3,000

ご案内

  1. ライセンスコースご案内

    ライセンスコース実習時の食事・持ってくるもの・必要事項 …

  2. ライセンスコースの流れ

    ダイビングライセンス取得までの流れを簡単にご説明します …

  3. ダイビングライセンスについて

    ダイビングライセンスは国が発行するものでは無く、各指導団体が発行して…

  4. ライセンスコース受講時の書類

    「病歴/診断書 - 参加者記録につ…

  5. eラーニング説明

    PADIコースの知識開発(学科講習)

  6. 季節ごとの伊豆の水温と保護スーツについて

    陸上が季節によって気温が変化し着ているものが変わるように、水中世界も…